ヘルシーレシピ

おいしくてヘルシーなレシピを
ご紹介!

12月のレシピ ダイエット

冬野菜と牛肉のポッシェ

冬野菜と牛肉のポッシェ

今回は、「ごちそうを食べたいけど、太るのはイヤ……。」「忙しくて手の込んだ料理を作れない……。」という方にぴったりのレシピをご紹介!
火を止めたコンソメの中でじっくり加熱した牛もも肉は、赤身本来のやわらかな肉質と、脂の上品なうまみを存分に楽しめます。
キャベツやにんじん、かぶ、ねぎなど野菜もたっぷり!冬野菜のほのかな甘みに心も体も癒されます。
鍋ひとつで簡単にできるごちそうレシピで、素敵なおうち時間を過ごしませんか?

1人分:364kcal(糖質 11.5g)

●材料(2人分)

キャベツ・・・・・・1/4個
にんじん・・・・・・1/2本
セロリ・・・・・・・1/2本
ねぎ・・・・・・・・1/2本
かぶ・・・・・・・・1個
牛もも肉・・・・・・250g
(ブロック)※ローストビーフ用など
コンソメ・・・・・・800ml
(顆粒や固形のコンソメスープの素をお湯で溶いたもの)
ローリエ・・・・・・1枚
塩・・・・・・・・・小さじ1
こしょう・・・・・・適量
マスタード・・・・・適量

●作り方

1 キャベツは葉がバラバラにならないよう、芯から半分に切る。
にんじんは1cmの輪切りにする。
セロリは斜めに1㎝幅に切る。
ねぎは斜め4等分に切る。
かぶは葉を2cmほど残して切り、6等分のくし形に切る。厚めに皮をむき、水につけて竹串などで葉の間の砂を落とす。
2 鍋にコンソメ、ローリエ、塩、こしょうを入れて火にかけ、少し湯気が出る状態になったら(沸騰させない)、牛もも肉を入れて火を止める。
ラップやキッチンペーパーなどで落とし蓋をし、鍋に蓋をする。
15分ほどで牛もも肉を取り出し、40℃から60℃の温かいところに置いておく。
※オーブンの発酵機能を利用するか、アルミ箔に包んでタオルで巻いておく。
3 2のコンソメを沸かし、キャベツ、にんじん、セロリ、ねぎを入れて、蓋をして弱火にする。20分ほどしたら、かぶを加えて5分ほど火を通す。
4 牛もも肉を厚めに切り分け、野菜と共に器に盛る。コンソメを注いで、マスタードを添え、牛もも肉に塩、こしょうをちらす。

盛り付けのポイント

盛り付けのポイント

かぶは葉を残すと緑と白のコントラストが美しく、料理がいっそう華やかに。葉の付け根に包丁で切り込みを入れて、根の方から、皮の下にある硬い筋ごと皮をむきましょう。
きれいに葉を残すことができ、かぶの食感もやわらかく仕上がります。

遺伝子型ダイエットタイプ別アレンジ

りんご型
りんご型
にんじんのかわりにしめじを使い、糖質をカットしましょう!
洋なし型
洋なし型
牛もも肉は250g→150gに減らして、脂質をカットしましょう!
バナナ型
バナナ型
かぶをゆで卵にかえて、たんぱく質を増やしましょう!

レシピ開発・監修

川上文代さん(料理研究家)
川上文代さん(料理研究家)
辻調理師専門学校を卒業後、同校(大阪校、フランス・リヨン校など)でプロ料理人の育成に勤め、フランスの三ツ星レストラン“ジョルジュ・ブラン”での研修も体験。東京都内で「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を主宰しながら、テレビや新聞、雑誌などさまざまなメディアで活躍中。

『たれとソースの早引き便利帳』『新装版 フランス料理の教科書』など、100冊以上の著書がある。
自分の遺伝子型ダイエットタイプを
知りたい方はコチラ!