今月のレシピ

おいしくてヘルシーなレシピを
毎月ご紹介!

9月のレシピ ダイエット

サーモンと彩り野菜のテリーヌ

サーモンと彩り野菜のテリーヌ

切り分けたときの断面の美しさから、おもてなしレシピとしても大注目のテリーヌですが、「難しそう」と敬遠していませんか? 
そこで今回は、キャベツやパプリカなどの身近な素材を使ったお手軽なテリーヌをご紹介します!
爽やかな風味のヨーグルトソースは、テリーヌのサーモンや野菜とよく合うのはもちろん、白身魚のワイン蒸しや鶏ハム、ゆで卵、アボカドなどとも相性抜群♪ 食欲が落ちがちな残暑に重宝するソースです。
大きめのお皿を用意して余白をいかすようにテリーヌを盛り付ければ、まるでアートのよう。ダイエット中こそ、美しい見た目のおいしい料理をじっくりと楽しみましょう。

1人分(1/6量):124kcal(糖質 8.0g)

●材料(パウンド型1台分)

刺身用サーモン(柵)・・120g
粉ゼラチン・・・・・・・18g
かぼちゃ・・・・・・・・100g
赤パプリカ・・・・・・・1/2個
キャベツ・・・・・・・・2枚
コンソメ・・・・・・・・250ml
(顆粒や固形のコンソメスープの素をお湯で溶いたもの) ミックスリーフ・・・・・適量
プチトマト・・・・・・・4個
塩・こしょう・・・・・・各適量

【ヨーグルトソース】
ヨーグルト(無糖)・・・100g
オリーブオイル・・・・・大さじ1
塩・こしょう・・・・・・各適量

●作り方

1 刺身用サーモンは4等分の棒状に切り、塩・こしょうをまぶして5分置き、さっと湯通しして冷ます。粉ゼラチンは80mlの水に振り入れて10分おく。
2 かぼちゃは1㎝幅に切り、赤パプリカは2㎝幅に切り、キャベツは5㎝角に切る。それぞれ塩ゆでして冷ます。
3 鍋にコンソメ、塩・こしょうを入れて火にかける。沸騰したら火を止めて、1の粉ゼラチンを入れて溶かし、室温程度まで冷ます。
4 パウンド型にラップフィルムを敷き、3を少し流し入れ、キャベツ、サーモン、かぼちゃ、パプリカの順に入れ、3を注ぐ。冷蔵庫で約1時間冷やし固める。
5 4の鍋に氷水を当て、底からよく混ぜて冷やし、枝豆(飾り用に5粒残しておく)を加える。とろりとしてきたら器に入れて、冷蔵庫で30分ほど冷やし固める。
6 【ヨーグルトソース】の材料を混ぜ合わせる。
7 4のテリーヌを型から取り出してラップフィルムをはずし※、切り分けて器に盛る。ミックスリーフと4等分に切ったプチトマトを飾り、ヨーグルトソースをかける。
※崩れやすい場合は、ラップフィルムをしたまま切り分け、盛り付けてからラップフィルムをはずす。

盛り付けのポイント

盛り付けのポイント

ヨーグルトソースにターメリックパウダーやトマトケチャップを混ぜると、ピンクや黄色の彩り鮮やかなソースに。2色のソースでお皿に水玉模様を描けば、心も会話も弾みます。

遺伝子型ダイエットタイプ別アレンジ

りんご型
りんご型
かぼちゃのかわりにエリンギを使い、糖質をカットしましょう!
洋なし型
洋なし型
もともと脂質が少ないため、このままでOK!
バナナ型
バナナ型
赤パプリカのかわりに蒸した鶏むね肉を使い、たんぱく質を増やしましょう!

レシピ開発・監修

川上文代さん(料理研究家)
川上文代さん(料理研究家)
辻調理師専門学校を卒業後、同校(大阪校、フランス・リヨン校など)でプロ料理人の育成に勤め、フランスの三ツ星レストラン“ジョルジュ・ブラン”での研修も体験。東京都内で「デリス・ド・キュイエール 川上文代料理教室」を主宰しながら、テレビや新聞、雑誌などさまざまなメディアで活躍中。

『たれとソースの早引き便利帳』『新装版 フランス料理の教科書』など、100冊以上の著書がある。
自分の遺伝子型ダイエットタイプを
知りたい方はコチラ!